30代から住宅ローンを組む!審査や返済計画についても解説!

公開日:

「30代になって家を持とうと考えている」「結婚などを機に住宅の購入を検討している」という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。ここでは、30代で住宅を買うとき、どのように住宅ローンを組めばよいか、30代のローン事情、ローンの利点などについてお伝えします。あなたにとって最適なローンを選ぶための参考にしてみてください。

30代の住宅ローン事情

住宅ローンは、30代で組み始める方が多い傾向にあります。30代というと一般的に、就業状態も安定し、家の購入を検討し始める頃です。子育てや結婚生活など、今後のライフスタイルやライフプランも考える中で、家の購入が選択肢として現れ始めます。

30代での住宅購入では、新築や中古物件、マンションなど、さまざまな選択肢があります。それらを、自分の状況に合わせて選ぶわけですが、基本的には住宅ローンを組むことになるでしょう。

ローンを組む際には、返済期間は長めに取っておくことがおすすめです。そうすることで月々の返済金額をおさえられます。もし早期に返済の目途が立てば、繰り上げ返済という選択肢もあります。ただし、定年後は収入が落ちることが多いため、そこを基準に返済期間を考える必要があるといえるでしょう。

ローンを組む際に、勤続年数が1年未満だと、金融機関によってはローンが組めないことがあります。逆に勤続年数が3年以上だとローンを組むことができる金融機関が増えます。もしあなたが、転職を検討している場合には、転職前にローンを組んだほうがよいでしょう。

もうすでに転職している場合には「前職と業種が同じ」などの条件を満たしていることで「勤続年数が短い」とはみなされないこともあるので、窓口の担当者にその旨を相談してみましょう。

なんにせよ、無理のない返済計画を立てることが大切です。住宅の購入は、30代で検討されている方が多くいます。そのため、住宅ローンも30代をメインターゲットのひとつとして捉えています。条件次第では、比較的豊富な選択肢の中からローンを選べるでしょうから「あなたの理想の家とは」「今後の生活プラン」「理想の立地」「家族の希望」なども踏まえて、利用するローンを検討していきましょう。

ローンを組むメリット・デメリット

30代の一般的な状況であれば、「予算を若いときより高く組める」「ある程度の貯金があれば、購入計画を立てやすい」「定年後の住まいとしても検討できる」「家族が安心して住み続けられる家を早く持つことができる」「健康状態が良好で、問題なくローンを組みやすい」といったことがメリットとして挙げられます。

20代前半から働きはじめ、順調に貯金などをしてきていれば、マイホーム購入のための軍資金はある程度用意できているでしょう。さらに、働き盛りともいわれる30代は、健康状態にも不安ない方が多いです。

ローンを組む際には、その就業状態、資金額、健康状態などが主に見られますので、30代であれば有利な条件の中でローンを選ぶことができるといえるでしょう。

そのようにローンを組むのによい年齢である30代ですが、注意しておきたいポイントとしては「無理して予算を上げすぎない」「定年後の無理ない返済計画を十分に考えておく」「定年後の余裕をつくるためには繰り上げ返済が必要なことを押さえておく」があります。

30代ということで給与も安定し、ある程度のポジションにつけていることで、少し多めの予算を組みたくなるかもしれません。ですが、人間は年齢とともに衰えてしまいますし、定年後は収入が減少することが予想されます。20年、30年と先を見据えたローン計画を立てるように意識しておくことをおすすめします。

無理のない返済計画を立てるコツ

コツは「頭金を多めに支払って、月々の支払い額をできるだけ少なくする」「ローンの額を、自分にとって無理ない範囲の金額にする」「返済期間は最長で組んでおき、可能なら繰上げ返済をする」「窓口で、ローンや返済について十分に相談しておく」ことです。

頭金は一般的に住宅価格の2割程度と言われています。もし、手持ちの資金的に可能であれば、頭金を多めに支払っておくことをおすすめします。なぜなら、頭金を多く支払えば支払うほど、残りの支払い額が安くなり、ローンの月々返済額も安くなるからです。

ただし、家の購入の際には、住宅費用以外にも手付金、手数料などの費用が必要になります。それら全体を考えた上で余裕があれば、頭金を増額して支払うとよいでしょう。また、返済期間は後から伸ばすことは難しいため、基本的には最長で組んでおくことをおすすめします。

まとめ

ここまで30代の住宅ローンについて「30代の住宅ローン事情」「ローンを組むメリット・デメリット」「無理のない返済計画を立てるコツ」をお伝えしてきました。30代というと「家がほしい」と思う方が多い年齢です。

ただ、家というのは非常に大きな買い物のため、家選びもローン選びも後悔しない選択をしたいものだと思います。ローン選びには、上でもお伝えした通りいくつかのポイントがあります。あなたが後悔しないローン選びをするために、この記事の情報がお役に立てば幸いです。

神戸市でおすすめの住まいの相談窓口5選!

イメージ
会社名おうちの相談窓口スーモカウンターホームズカウンター家づくり学校神戸校アウカ
特徴中立な立場のコーディネーターが丁寧に相談に乗ってくれる建築会社への断りも代行してくれる、神戸近隣11店舗の大手仲介会社。国内最大級の住宅情報サイト運営の無料相談窓口西日本を中心に全国に11校を構える、初心者が家づくりを学べる学校提携数450以上は国内最大級。最短30分で住宅会社を紹介も可能!
詳細リンク

おすすめ関連記事